「Ubuntu」タグアーカイブ

インク切れで使用不可!インク補充より買替え。三十数年前の高価も黒一色のリボン式プリンターを知るだけに今回の安価ながら高機能高性能プリンターには満足、カラー印刷やLINUXからの出力もPR

先日プリンターを買い替えた旨、姉妹ブログサイト「店長ブログ」にアップしました。

亀岡市内にケーズデンキが出店。プリンターを買い替えよう!ケーズデンキ亀岡店スグ近くに個別紹介ページも姉妹サイト内に設けている「お食事処としぶん」にて昼食後イザ出動予定?も「定休日」だった

最近オープンしたばかりの「ケーズデンキ亀岡店」にて・・・並んでいるプリンター群の中でも超低額商品です。 おまけに家電量販店の新規開店ゆえの特別割引商品。 通常は手が出ないモノなれど、ここまで安くなれば・・・

ちょっとは恥ずかしいので、製品名購入代金は控えさせていただきます。
なんでコレぐらいのプリンターで喜んでいるんだ!と変な目でみられそうで・・
決して性能が悪い訳ではありません。 満足していますヨ!

5年間ほど使い続けて来たと言っても、一般的な使用から見ると利用することは少ない方だと認識しています。 余程のことで無いと、紙媒体には出力しませんし・・ましてインスタ映えなんて〜とてもとても〜一度も無いし、通常品質の写真さえ・・

電気店の陳列にはキャノン・エプソン・ブラザー製品が幾つか並んでいましたネ。
先ずは安価な方しか目が行きません・・高価な方は敬意を表してチラッと見たよ。

長いディジタル世界との付き合いですのでプリンターも何度か買い替えて来ています。 コンピュータやインターネットの進化も然り、プリンターの進化も凄いですネ。


ここは余談になりますが・・・三十数年前にUNIXワークステーションを購入して、プリンターも同時に〜当時はOSに各プログラム言語のコンパイラやツールも高価でバージョンアップ等に備えてのメンテナンス費用など大枚を用意する必要が有りましたネ。 今は現に利用しているLinux や各種の開発環境も含めて無償にて。
時代の流れがなせる技?結果?とは言え、あまりのギャップ・進化・環境変化に翻弄されている小生でゴザイマス。 当時購入したプリンター、インクジェット式では無くて染料入りの大きなリボンテープ方式だった! 黒一色で132桁だったか兎に角、大きくて重たい・・・当時のプリンターに比べたら、安価品でも今のは超高性能品・・・コスパ面から考えると超高額品相当ナリ・・の印象が・・


高機能極まり無い製品になり、しかも小型化・安価に・・・尤も、本体価格の販売価格では決して製造販売出来ないと思われる高性能品なれど、そこはタダみたいな提供はしない・・・ちゃんと補充インク売上などでカバーしているみたい。 特定のメーカーさんの事を云々している訳では御座いません。

先代のプリンターも更に その前も記憶にあるは、ここ3代(3台)はブラウザー製品。
一応、見比べて見たものの何故か今では愛着らしき面も・・・
同価格帯の他の製品と比べて、やや手の届きやすい値段?やや高機能?ややスタイリッシュと思える商品です。 反面、販売店の消耗品売り場でブラザーのインクを探すには少しばかり気を使うことも・・・そう言えば、エプソン製品は買ったことが有りましたが未だキャノン製品は無し・・でも消耗品売り場では多いキャノン製インク。

実は直前まで使っていた?実はカラーインク切れに至りブラックのみで暫く使ってましたが遂に全色がインク切れで使用不能のプリンターになってました。
さて、補充用のインクを購入しようか? 待てよ、インク代もバカにならない。
そこで一計、超安価品ならば初期お試し?程度でインクも・・・それに、幾分は”新しさ”故のメリットも有ろうよ・・・とイザ決断・・・とほほ・・・こんな決断をせざるを得ないなんて・・・・気持ちよく何倍もの支払いで、販売員・販売店・メーカーに喜んでもらい感謝状の一つや二つ・・・有ったことでしょう・・・何っ、小生には勿論無いけれど・・あなた達にも無かった? 小生だけでは無かったんだ。 何となく・・嬉しい気分。


小さな図体ながらチャンと働いてくれそうです。 Windows 10 環境下ではスンナリと稼働します。従来もココまでは、此処で終わり。


さて、もう一つのOSであるLINUX環境では如何に? 従来も何十回と無く挑戦し続けて来ましたが未だにマトモな印刷までは至っていませんでした。 ただ今回は

Ubuntu 18.04 LTS
安価ながら、より高機能化した雰囲気のプリンター

ネットで参考情報の入手、メーカーのダウンロードサイトよりユーティリティを入手して試行錯誤・・・・今回は一応印刷可能となりました

イメージ印刷のほか、テキスト印刷も対応アプリ内からはOKで大概はすませそう。

未だに失敗の連続に終わっているのは、コマンドラインからの日本語テキスト印刷
日本語部分の文字化け発生・・・・発生したままで小手先で色々な薬を塗ったり、飲ませたりしても治らない・・・追々、試行錯誤しつつ様子を見ていこう。

ようやく、LINUXからも印刷が可能に!


Ubuntu 18.04 LTS を単独にて利用することに結論出して以降、Linux(Ubuntu)がフルに利用可能に・・・日本語印刷まで・・・
これよりは、ソフト開発環境も・・もっと整えて行きたいものです。

この記事も、Windows10 環境に近い感覚で編集しております。


先程は次の様な・・・表現を発しましたが記念の為?プリンターの写真を・・・
ちょっとは恥ずかしいので、製品名購入代金は控えさせていただきます。

ブラザー | インクジェットプリンター・複合機 | DCP-J572N

これより長い付き合いに・・・こんな私ですが、どうぞ宜しく!
小生も気をつかってホドホドの使用頻度となるよう努めます

 

PR-3/3-独自ドメイン取得後は住宅リフォーム、旅・宿、リンク集、ソフト開発各分野WEBサイト構築運営を進化拡大展開!支援ツール的効果を信じ実務面での営業・開発(大阪+京都)へ注力~その三

従前には、Windows10GUIながらLinuxが開発版で登場するらしい!から始まり続いて正式にサポートされ、更にはWindows10のバージョンアップでますます利便性が高まるかなとの淡い期待が先行して・・「ソフト開発」サイトを中心に期待感などを綴って来てましたが、小生の理解力・実力では、その組み合わせ[Windows10 + Linux (Ubuntu)]では実用的レベルでの利用には無理有りと判断するに至りました。


ホームページより抜粋して再掲

期待先行から非力ながら試行錯誤の繰り返しで挑戦するも遂にギブアップ宣言

結構 長期間にわたり過大な期待先行で [ Windows Linux (主にUbuntu)の融合・共存・協調 ] 環境構築・活用を目指すも
その最善と考えられたソフト開発環境が小生のスキルでは希望レベルまでの環境構築は到底無理だと実感した次第
度重なる種々の試行錯誤による挑戦も、これ以上はマイナス面が顕著に・・・ここで、実用的な方向性を目指すことに
今後は [ WindowsLinux (主にUbuntu) 単独、各OSの独自性の活用 ] 環境にて・・まっしぐら・・期待し過ぎたと反省

(参照) 姉妹ブログに投稿済み記事
[2018-06-22 ~ 2018-06-23投稿]
 断念に至る考察ブログ記事
2018-06-23 大変な経験をして少しばかりノウハウアップ?マンザラでも無い?まぁ~自力で此処まで来たもんだ!Ubuntu18.04LTSのインストール作業で、関連知識も幾分ゲット
2018-06-23 この別冊付録「コンピュータ手帳2018」・・意外と気に入っています!コンパクトに要約されて・・
2018-06-23 既に目を通したLINUX関連の月刊誌・隔月刊誌にプログラミング言語の参考書[C,C++,Python]+bash他によるシェルスクリプトやエディタvimの活用に大いに役立つで有ろう参考書も
2018-06-23 当SOHOでも、いよいよLINUX本格始動!長期サポート(LTS)版のUbuntuが稼働可能に。ならばシェルスクリプトの理解でスマートで効率的な運営+Vimを使いこなしたい進化したテキストエディタ
2018-06-23 Linux+Windowsデュアルブートに挑戦し続け、ここ数年失敗の連続だった歴史?様相が変わる?起動用USBメモリと内臓HDDにファイルシステム分割、試行錯誤の繰り返し此の年で多少賢く?
2018-06-22 USBメモリさん達が悪いとは思わないが・・・上手く行かなかったは自分のせい?他にもいろいろ。今では或る目的に使用可能に。御免ネ、疑ったりして
2018-06-22 経験豊かな人から教えて貰える状況なら間違えずホンの1~2分で解決出来そうものを自力で解決するには何日も。時には折角の構築環境を一瞬にして壊しかねない。別の観点では幾分の知識習得?
2018-06-22 今は昔?期待外れに終わったWindows10のWSL環境下で勿論、自己責任なれどソコソコGUIを構築して実行・表示した画面とオリジナルなUbuntu18.04LTSの実行画面
2018-06-22 画面表示のスクロール方向がWindowsとUbuntuでは真逆?分かれば至って簡単な設定で解決も分かるまでは逆のスクロールには相当な違和感が・・どっちがナチュラルなんだろうか
2018-06-22 そろそろターニングポイント到来か過度な期待先行したWindowsとLinuxの協調稼働の実現に小生の自力では無理あり。Ubuntu新版登場を機に割切り実利面の効果をソフト開発でPR大阪・京都

度重なる試行錯誤で一部のGUIでのアプリケーション稼働をUbuntu上で確認したりしていましたが小生のテクニックやノウハウで実務面で活用はマイナス面が多過ぎる。

ここは一旦引いて、Windows10 と Linux の独自性を活かした使い方に方針変更!

以前にもUSBディスクよりのUbuntu起動(Windows8以降だったか、HDDからの起動悉く失敗した為窮余の策で・・)を何度も試みるも、こちらも何時しか起動出来なくなってました・・・先程の両OSの融合?協調?は、その悪しき試行錯誤の結果からの期待でしたが・・
ところで、このUSB起動に関しての理解も深まり念の為にBACKUP USBも何重にも・・
かくして此の問題はクリア出来そうデス。 ついでに一昔前を思い出しつつノウハウも若干蓄えております・・LINUX世界? LINUXワールド?


Windows 10 April 2018 Update

Ubuntu 18.04 LTS

Windows 10 と Ubuntu の協調作業模索より個別・独自性を活した運用に方針変更との結論出せた事。
Eclipse や Python の両OSにインストール済みの混在していたEclipse と Python 更にダウンロード元の違う版などの整理が済んだ

Eclipse 4.8 Photon
( 年に一度のバージョンアップ?が成されたばかり )

Python 3.7.0

関連書籍も購入

一昔前にあれ程、没頭していた際の感覚が今後のLINUX習得に活かされそうな予感も・・

Windows 10 と Linux の協調は別の形・次元で期待しよう!

購入済み図書3冊から拾い読み風に Eclipse でビルド・起動OKを確認出来た!
さて愈々、Linux & C++ でのソフト開発環境の本格始動!

 

USBメモリさん達が悪いとは思わないが・・・上手く行かなかったは自分のせい?他にもいろいろ。今では或る目的に使用可能に。御免ネ、疑ったりして

これらのUSBメモリ、サイズも色々、容量もいろいろ

何度もパーティションの切り直し、ファイルタイプ、など変更しつつ

何度も失敗したり、いつの間にか・・使用不能になったり・・・

決め付ける事は出来ないが使い勝手からミニ・サイズがスッキリしていいかなとミニにしたら使えなくなったり・・

小さいので揮発性の面で総じて弱いのだろうか

大概はWindows用で増して。Windows10対応まで表記されて無いのも・・これもアリか

大概はセキュリティ(Windows環境下で)機能があってLINUXの各種のファイルタイプへの対応が不十分だからか・・・

多くはパーティション切り直してWindows とLINUX の共存するパーティション構成にしたりしましたが・・これも一因か

Windows側でセキュリティソフトを動かせてスキャンしたりしてますがコレも?

一番の原因は、アンタの勘違いによる強行操作ではないですか? う~ん・・・そう言われるとNOとは言い切れない

 

ソフトウェア(システム/ソフト)受託開発業務準備中~京都・大阪!CUI限定のサポートとは言えLinuxがWindowsとシームレスに稼働確認。C,C++習得前にGUIアプリに敢て挑戦・・奮闘記~1

WindowsLinux両OS同時稼働なればイイのにと思っていたことは過去にも有りました。 然しながら商売上?のライバル?と有ってか勿論、願っても成るものでは無しと・・
そこで自己所有の数世代にわたるWindowsPCに幾つかのLINUXディストリビューション且つ幾多のバージョンを入れ替えてHDDを分割したパーティションにインストールしてました
一時期は(一昔前)、パソコン起動時にOSを切り替えてLinux distributionもフル機能を試す環境も可能では有ったものの何時しかデュアルブートが我が知識・ノウハウでは適用できなくなって行きました
当時はあれやこれやと長期間かけて試行錯誤しても結果はNG!
それもこれも常用するwindows環境の他にソフトウェア開発環境としてLINUX環境を熱望していた為なんです

時は流れ?この年・この秋には、諦めていた往時に挑戦し続けたLinux環境が・・CUIの環境のみのバージョンとは言えLinuxの正式バージョンがWindowsストアからWindowsアプリケーションの一つとして簡単にインストールが可能となる。

勿論、早速にインストールして試しております。イイですね! デキル奴って感じなんですネ・・これから大いに期待しています。

日常的なパソコン作業ネット上での情報発信・収集にはアプリケーションが豊富なWindows環境のお世話になることで十分?
ただ、データやテキストに編集を加えて見たいことは結構有ります。
表計算ソフト・シート内のデータを内包マクロ機能のVBA的な処理とは一味違う、要はLinuxの気の利いた便利なコマンド群で半自動的に処理を施せたら・・と。
ところでDB(データベース)関連知識の習得も必要になります。ハード面での進歩もソフト面での支えが有ってのこと。 AI(人工知能)の隆盛も大量のデータベースを上手く処理できるからでしょう!
一昔前からデータベース機能の習得の必要生は感じつつもテストデータの少なさ・キー入力の遅さ・テキストデータの効率的な編集環境・・有用なLinuxコマンド群が活用出来なかったが為

必要性が増してのタッチタイピング向上は今後ますます挑戦しよう!
テストデータには今、一番恵まれた状況か? 何故なら自身でアップしたブログ記事他が大量に・・馴染みある意味合いで打ってつけの生きたデータを対象に出来る・・そこに待望のWindows版Linuxの登場!到来! それが出来てしまう環境の到来みたい!
少し動かして見た・・ら・・ちゃんと動きます。 後は一昔前に没頭した事も有ったUNIX・Linuxと同様に~今回はCUI限定ながら色々習得しつつWindows OSとの連携のノウハウをチューニング作業を通して蓄積して行きたいと思う今日この頃で~~す。

そこに集中すれば良いのですが、ちょっと待った!
マイクロソフトでは正式サポート対象外になっているLinuxのGUI稼働環境に今は多くの時間を割いて試行中!サポート対象外の範疇に敢えて踏み込んでのこと故に、上手く行かない事も・・
現に先日はインストール済のLinux環境をアンインストールして再度Windowsストアからインストールし直しました・・因みに滅多に経験出来ないことを経験出来た次第です。

WindowsにXサーバーをインストール
現在も不安定な点は有れど・・GUI(グラフィカルインターフェース)でパッケージ管理も・・
ただCUI(キャラクタインターフェース)コマンド群と異なり、サポート無きGUIアプリケーションのインストールや起動・稼働となると不安定さが目立ってきますネ。 暗中模索で暗闇の大海を航海・・たった独りで・・の様な感覚を味わっております
ディジタル・ゲームはしない、出来ない・・しないから出来ない
否、余裕が無いから・・それに生まれ育った環境が大きかろう?
その反動も有ってか只今、小生にとっては無謀なサポート外のLinux GUIアプリ挑戦ゲームに興じております・・この年になって・・ボケ防止になりそうな・・無趣味な身に”趣味“がやって来た!と言わせてくれ・・神様!仏さま

Windows10環境に不安定ながら敢えてWindows版Linux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動
Windows10環境に不安定ながら敢えてWindows版Linux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動

又も長文になりますので此処で中断・・続きは”こちら“(下記次回参照)

システム開発/ソフト制作、受託業務準備中~京都府・大阪府!CUI限定サポートながらLinuxとWindowsがシームレスに稼働確認。C,C++習得前に不安定なGUIアプリ複数起動・・奮闘記~2

LINUX 環境下で C++ C Python ソフト開発
京都府・大阪府にてシステム開発・ソフト制作

SOHO (Small Office Home Office)
ユビキタスな環境を念頭にPC/IT活用

    モバイルなOffice
モバイルなFAX
モバイルなPC
モバイルな電子カタログ
モバイルなブロードバンド環境
移動・可搬な事務環境の工務店

大阪府・京都府

2018年(平成30)~(予定準備中)
システム開発・ソフト制作の受託開発

システム開発・ソフト制作の受託開発 (ソフト工務店)エネシスポート

Linux eclipse C C++ Python
復習・習得・上達にと頑張ってます

  ソフト開発業務スタートに向け主に以下の課題テーマが・・  

タッチタイピング (ブラインドタッチ)

C++
IDE(統合開発環境)

DB(データベース)
Linux (コマンド、ツール etc)
Python
正規表現
Documentation (ドキュメント作成)
Presentation (プレゼンテーション)

その中、現時点で時間を多く充てているテーマは下記のソフト制作用の開発プログラム言語の復習や新規習得なんです
C++ C Python

工務店 + ソフト ⇒ ソフト工務店
エネシスポート

システム開発・ソフト制作の(ソフト工務店)エネシスポート

システム開発/ソフト制作、受託業務準備中~京都府・大阪府!CUI限定サポートながらLinuxとWindowsがシームレスに稼働確認。C,C++習得前に不安定なGUIアプリ複数起動・・奮闘記~2

長文分割後の後編?文才ないので正しくは”つづき“(下記前回参照)

ソフトウェア(システム/ソフト)受託開発業務準備中~京都・大阪!CUI限定のサポートとは言えLinuxがWindowsとシームレスに稼働確認。C,C++習得前にGUIアプリに敢て挑戦・・奮闘記~1

今回のマイクロソフトによるLinux稼働環境の提供サービス、CUI(キャラクタインターフェース)の部分と異なりGUI(グラフィカルインターフェース)部分はサポート対象外に・・ それ故に自己の判断で入り進む事に・・

現時点で見るに限られたGUIアプリでインストール済み内、”synaptic“コマンドは有用
サポート対象外のGUIの全体の中で、必要性も考えると重宝しています
パッケージ管理状況を視覚的に把握できるからなんです

幾つかパッケージの導入を試みて失敗したり、やっとこさで不十分ながらインストール出来たり・・決して実用的とは言えないが色々と試行錯誤して行くことは無駄にはならない筈

ここで下のパソコン画面のスクリーンショットに見え隠れしているアプリウィンドウについてのミニコメント(特に指し示すことはしません)

Windows10環境に不安定ながら敢えてWindows版Linux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動
Windows10環境に不安定ながら敢えてWindows版Linux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動

Windows 10 デスクトップ画面・・従来、日常的に対面中? ・・に下記ウィンドウを

●Windows上でブラウザ firefox 起動

●表計算ソフト Openoffice calc 起動

統合開発環境(IDE) Eclipse 起動・・現時点では単純なC, C++, Pythonの開発体験

プログラム開発の一連のステップを辿る
今後は一番お世話になるかも?・・どうぞ宜しく
何故か・・勿論、原因は有ろうが一旦稼働していたVisual Studio 2017 Community が再インストール不可に!手順踏まずに削除したり、登録手続きに失敗したり ・・等が影響?従いEclipse 貴方様に頼るしか・・

コマンドプロンプト 起動

直後にWindows/Linux共通作業ディレクトリ直行に設定
上記eclipseの実行ファイル出力をLinuxの"nkf"コマンドでコード変換して出力など・・

◎Windows上でWindows X ServerVcXsrv” 起動

◎Windows上でWindows版Linuxの標準端末?に代え、端末アプリ “wsl-terminal” 起動

◆Linux上でブラウザ “firefox” 起動

先に試行錯誤を繰り返し一旦は日本語入力可能となるも何時の間にか不可に。 更に2日間ほどの悪戦苦闘の末、現時点では可能に!(そこに至った確たる根拠は不詳)

◆Linux上でパッケージマネージャ “synaptic” 起動

GUIインターフェースが全体的にサポート無しの中で、やや不安定ながら頑張ってます。 これが稼働するか?しないかでは大違い・・パッケージ管理が見通し良く楽に・・

◆Linux上でGUIランチャー “lxpanel” 起動

Ubuntu標準のデスクトップ環境は搭載不可とは知りつつ軽めのデスクトップ環境 Xfce4, LXDEをインストール試みるも失敗
ただ、このランチャーアプリ単体は起動OKに。 意外と便利!慣れないLinuxコマンド名・所在場所を、このランチャーが集めてくれた。GUIアプリが増えて来たら結構、頼りになるかも・・デスクトップ環境無き状況下では

◆ランチャー “lxpanel”からLinux上で表計算ソフト”Openoffice calc” 起動

上記ブラウザfirefoxでは可能となっている日本語入力が何度試してもNGなり。 まぁ~いいじゃないか、だって・・しょうが無いんだもん・・ 長年、重宝して来たWindows上で稼働の同ソフトが同じPCにて動いているもの。 あっ、そうか・・興味本位で試しているだけなのか? 御苦労さんデス

◆ランチャー “lxpanel”からLinux上でファイル操作ソフト”mc” 起動

一昔前に使い勝手良いツールソフトだとのイメージが・・今は代替ソフトも有って

実用性は問わずに・・サポート対象外の環境のも含めて現パソコン・システム環境の堅牢性を確認する為にも不安定ながらレイアウトして見ました

一段落したら一休みしようかと・・

その後、もう暫くはLinux環境をもっと知りたい

その先に統合開発環境IDE(Eclipse)およびプログラム言語(C, C++, Python)によるソフトウェア開発手段の習得に本格的に・・


大阪府・京都府

コンピュータ システム応用ソフトウェア開発
(ソフト制作・システム開発)業務展開、主に受託スタイルで

集中しての準備期間は年内の残された2ヶ月!

linux, C, C++, Python, IDE

工務店+ソフト⇒ソフト工務店
エネシスポート

システム開発・ソフト制作の(ソフト工務店)エネシスポート2018年(平成30)~(予定準備中)
システム開発・ソフト制作の受託開発

システム開発・ソフト制作の受託開発