「ソフト」タグアーカイブ

本日、新規にホームページ形式の姉妹サイトを立ち上げました。京都Myサイト~ネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]・・ソフト工務店エネシスポート(亀岡市)

本日、新規にホームページ形式の姉妹サイトを立ち上げました

京都Myサイト~ネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]

ネットで再び思い出旅~京都いろいろ+番外編?集合~Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]ほか

ネットで再び思い出旅~京都いろいろ+番外編?集合~Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]ほか

京都Myサイト 京都いろいろ+番外編?集合
Myネット・サイト・ページ・リンク[net,site,page,link]

古都京都に隣接する亀岡市(京都府)にて[ソフトハウス]+[工務店]~ソフト工務店エネシスポート が手作りウェブサイト群から発信する極めてローカルな飲食店紹介情報から[システム開発・ソフト制作]&[住宅リフォーム・省エネ・創エネ]PR情報、更にはエリア限定無し-年中無休24Hネット公開の思い出備忘録・・・膨大な時間と作業量を要し今尚コンテンツの充実に向けて一直線上の幾つかのジャンルのネット・サイト・ページ・リンク集

観光(エリア・スポット・コース、世界遺産・名所・旧跡・神社・仏閣・庭園)、旅の宿、飲食、リンク集
住宅・リフォーム、ソフトウェア(システム開発・ソフト制作・WEBサイト構築)

さぁPythonだ!思い切って書籍を購入。購入価格以上の値打ちが有れば~何 言ってんだ、値打ちを高めるのは活用するかしないかでしょう!買った時点から価値観の責任者は購入したアンタ

本日、思い切って書籍を購入
購入価格以上の値打ちが有ればいいがなぁ~
何 言ってんだ・・・値打ちを高めるのは活用するかしないかでしょう!
買った時点から価値観の責任者は購入したアンタだ
シュンとなり一言も返せず・・・

やさしいPython

やさしいPython
著者 :高橋麻奈
発行所:SBクリエイティブ株式会社


さぁ~ Python だっ~
以前には次のPython関連書籍も購入済み

みんなのPython第4版みんなのPython第4版
著者 :柴田 淳
発行所:SBクリエイティブ株式会社


最近では、日経LINUXなどのコンピュータ関連雑誌に頻繁に顔を出す
Python 言語ですが何とかモノにしたいものです。 そう言えば、

この別冊付録「コンピュータ手帳2018」・・意外と気に入っています!コンパクトに要約されて・・ で紹介された

Interface 2018年1月号

Interface 2018年1月号
の 別冊付録「コンピュータ手帳 2018」 が気に入って購入した雑誌なんですが本誌の内容は、大部分が専門的なPython応用技術・現場技術的な内容でちょっと手強いコンテンツ

然しながら現場では色んな形でPython の進出が浸透して行きつつある様が見てとれます。

現に数多いプログラミング言語の中でも注目度・人気で最上位クラスらしい・・・

プログラミング言語の習得に年齢なんて関係無いさ! とか涙が出る程に嬉しい言葉をかけてくれる人がきっといるハズ・・それを信じて・・

 

運営するページ群は相当数、我ながら呆れてしまいますネ!ライフスタイル、ライフワーク、現状を見つめての手法の一部分。方向性これが一番?ベスト?息の長い取り組みで臨みたいと考える今日この頃

当[ソフト工務店]エネシスポート (京都府亀岡市)で運営しているネット上のページ群は、数えた事は有りませんが・・相当数になります。 我ながら呆れてしまいますネ。
よくもミニmini二乗サイズの超零細企業ながら膨大な?多数のページ群を企画・構築(作成/編集)・運営していますネ。 アキレテ呆れるにもホドが存在するのでは? イイ加減に! とウェブ担当本人も感じたりは・・

Life Style (ライフスタイル)、Life Work (ライフワーク)、現状を見つめての手法の一部分なんです。 方向性では、これが一番?ベストかなと・・

高年齢である事、持病(高血圧症に予備軍的?糖尿病)、これ迄来し方を顧みての判断からなんです。 今では無趣味の自分には関心を持ちつつ、加齢に連れてのボケ進行・悪化を和らげる少なくとも2~3番手の”特効薬”的存在にも・・

昔に比べて、圧倒的に進化したHardware(ハードウェア)・Software(ソフトウェア)の高機能・高性能・導入コストの低減それにIT(インターネットテクノロジー)の加速度的な進歩と普及に伴う市場性の拡大が益々・・

キャッチアップの努力を出来る範囲でマイペースで続けて行けば何とかなる!の思いで。

以前に某記事を見て、心強く思えた事が・・
ちゃんとした「テーマ」を掲げ「モチベーション」を持ち続ける事が出来なければ「ブログ」恐らくは「ホームページ」も続かないか貧弱なコンテンツで終わってしまう様なニュアンスの印象・・が。


テーマ有ってモチベーションを有しないと続かない筈!続いて来て更に続けて行けると感じるのは目指す大きなテーマが有って未だにモチベーションが衰えて無いせいか?よくも多くのWEBサイトをPR

ネット運営するサイト数・ページ数は一段落もコンテンツ面は質量とも充実に向け。何時かベースになり時代の経過・流れに連れ新たな展開の可能性も?テーマとモチベーションは持ち続けたいPR

PR!年初から随分と”らしく”なって来た運営ウェブサイト群。時間が経つに連れ可能性が広がり新業務展開を企画。ベースとなるWEBサイト主体のPRには目途が、テーマを見据えモチベーション維持で

関西・関東地域で会社組織営業社員として不動産・住宅・住宅リフォーム関連のセールス活動した経験も。初体験の際は宅建関連資格試験に合格もセンス無き者は去れ?WEBサイト支援PRサポート有

なるほど・・そうか、食事の際に某新聞の記事で目にした。ブログを書いて行くには・・??心して・・


これだけ膨大なコンテンツを・・多少は吟味しながら・・アップロードしNETの世界で想定するターゲット・ジャンルにて或る程度ソコソコの認知を得るに至ったと自負する次第。

一次的か二次的か? いい方向での副作用も現れて来ました。
趣味にもなりそう!・・今では小学校でもプログラミング教育が・・何れは吾輩も「ラズパイ」等でソフト面主導の工作を楽しんだり・・してみようか。
(一昔前には機器制御システムやプラント関連の制御システムの開発にも携わったし・・)
目的を持ち、無い知恵でも今なお”挑戦?”することでボケ進行の邪魔な存在にもなろう。
記憶力が極端に無い分を備忘録としてアップ、時には簡単に検索して思い出したり懐かしんだりも可能に・・四国サイクリングなど昔の多くの白黒写真を整理し切れず見直すことも殆ど無く処分するに至った点は悔やまれるが今後は備忘録格納にネットの場が・・

スローペース・マイペースになろうとも息の長い取り組みで、Life Style (ライフスタイル)、Life Work (ライフワーク)に臨みたいと考える今日この頃

 

昨日のチューニング作業の未解決案件。プリンター買い替え後に改めてLINUXよりの印刷に挑戦して大方はOKも日本語テキストの文字化け。本日一件落着なり!プリンターのコスパが一夜にして2倍に

長い年月にわたりLinuxでの印刷、これまでも”それらしき”プログラムやツールをダウンロードしてはインストールを繰り返したりチューニングし直したり・・・いつも”駄目”と怒られてばかり・・従い、当方も見えない相手を嫌いになっていた。

ところが、この年に至って遂に仲良くなれそうな予感が・・・

先に投稿した次の記事の中に続く表現をした案件が、やっとこさ解決なる。
嬉しい!を通り越して喜びを表現するのも難しいほど・・う・れ・し・い・・

インク切れで使用不可!インク補充より買替え。三十数年前の高価も黒一色のリボン式プリンターを知るだけに今回の安価ながら高機能高性能プリンターには満足、カラー印刷やLINUXからの出力もPR

未だに失敗の連続に終わっているのは、コマンドラインからの日本語テキスト印刷
日本語部分の文字化け発生・・・・発生したままで小手先で色々な薬を塗ったり、飲ませたりしても治らない・・・追々、試行錯誤しつつ様子を見ていこう。・・解決なる

使えるようになると印刷手法も盛り沢山に用意されている様です。
今度は贅沢なんでしょうか? 一難去って又一難・・・

これで低価格品の新規プリンター入手によってWindowsとLinuxの両方から印刷可能に・・・これだけでも従来のプリンターの2倍の値打ちモノに早変わり

用紙サイズ対応、手差し印刷可能なども・・せいぜい使うことにしよう

 

PR-1/3-独自ドメイン取得後は住宅リフォーム、旅・宿、リンク集、ソフト開発各分野WEBサイト構築運営を進化拡大展開!支援ツール的効果を信じ実務面での営業・開発(大阪+京都)へ注力~その一

下記の様な多くのWEBサイト群を構築運営しています
複数の分野をターゲットにして、ジャンルによっては複数のサイトで構成されていたり・・ページ数にするとミニ膨大なるかも。


(ソフト工務店)エネシスポートが連携して運営しているグループサイト
サイト群紹介 サイト
旅ネット・ネット旅 サイト
仁和寺霊場めぐり サイト
写真アルバム ブログ
ソフトウェア開発 サイト
(統合版)メイン・サイト
写真アルバム集 サイト
メイン・店長ブログ
フィールドワーク ブログ
 リンク集・LINK集 サイト
屋根・外壁(やねかべ)サイト
青春18きっぷの旅 サイト
サイト拾い読みブログ
ファンブログ サイト
スマホ版サイト
住まい・暮らし・生活 サイト
富士登山タイムデータ サイト
リンク集・LINK集ブログ
YouTube 動画サイト   
やや公的 やや私的Twitter

上の表内リンク集・LINK集 サイトは以前から「」関連LINK・「宿」関連LINKや「住宅リフォーム」関連LINK及び「ソフト開発」関連LINKには力を入れていましたので、リンク集サイトとしての認知度はソコソコありましたが・・
今回の「飲食」関連LINKも関連ページを増強して下図のようになっていますのでClickすると取敢えず、リンク集・LINK集 サイトTOP(サイトのHOMEへ)・・・尚、概略案内ページの【詳細版】と【シンプル版】も用意

リンク集・LINK集~旅・宿・飲食・衣・住=衣食住・ECO(sitemap)サイト集
リンク集・LINK集~旅・宿・飲食・衣・住=衣食住・ECO(sitemap)サイト集

概略案内[詳細版]~気になる美味しい飲食店
料理店・食事処・食堂の関連ページPR

【シンプル版 概略案内~気になる美味しい飲食店
料理店・食事処・食堂・居酒屋の関連ページ
PR


尤も相当の時間・労力をかけ詰まりは大きなコスト負担を担いながらの作業です。
今でこそオリジナルドメイン取得以降、それ以前のようなウェブサイト構築運営上の制約が殆ど無くなりWEB展開がスムーズに進む実感を得て多くの面で進展が有りライフスタイル・ライフワークで目指すべき形・方向性も進化と確かな手応え・・
独自ドメイン取得までは単一のホームページやブログを極めて制限厳しい中での運営・・ただ立上げただけ?が実情でした。
勿論、WEBサイトを立ち上げても急激に拡大して普及して行くINTERNETの世界でコンテンツが少ないサイトで認知度アップなんて期待すれど実体が無いに等しかった!
一般社会におけるインターネットの黎明期前後から、NETに関わり始めたものの活用の可能性を実感出来るに至った直接の大きな転換点は“オリジナルドメイン”の取得でした。
それまでの住宅リフォーム分野での営業、その営業支援の為にWEBサイトを活用したいとは思うも当時の自サイトは貧弱そのもの・・
WEBサイト構築運営上の制約が殆ど無くなってからは本来、目指し期待していたWEBサイトの営業支援効果に確たる見通しが・・PR面も考えジャンルも増やし、サイト群・ページ群・SNS群を拡大展開して来ました。
今では運営するサイトグループのネット上での認知度は自ら想定していた以上だと信ずるまでに・・では、認知度の評価は如何に? ある方は経済的実利なのかも・・
小生、何れはWEB営業支援-PR効果を通して目指したいものの現時点での評価モノサシは多分 “サイト立上げ以降、想定するキーワードでのネット検索結果で上位表示“を”ゲットする事・・それが、SOHOの存在・扱い業務・生身の営業力不足の補充・一味違う業務遂行・コスト削減・24Hピーアール・継続でサイト構築力UP・IT活用を介しての新たな商機・・、加えて場所や時間帯に縛られない作業が可能・長い間 諦めざるを得なかったITスキルのキャッチアップがOK・・、さらに更には無趣味の身に”趣味“がやって来てストレス軽減・頭の体操なるかボケ進行抑制も・・
少しばかり進化したライフワーク(Life work)ライフスタイル(Life style)が目の前に
加齢が進んだ今になって小さいながら小生にとっては大きなチャンスが・・・

 

PR-2/3-独自ドメイン取得後は住宅リフォーム、旅・宿、リンク集、ソフト開発各分野WEBサイト構築運営を進化拡大展開!支援ツール的効果を信じ実務面での営業・開発(大阪+京都)へ注力~その二

各ジャンルでのサイト群ではネット検索時に使われる検索キーワードを幾つか想定しての構築作業になります。 勿論、当たり外れは有ります。然しながらサイトグループ全体で考えると上出来でしょう! 何れは、実務面でのフィールド営業・作業に効果が現れて来ると信じています。
以下はネット検索窓で検索条件として入力したキーワード群です。
どの運営ウェブサイトも当初は・・そんなに甘いものでは無かった!
諦めず可能性を残すサイトは、その構成・構築を見直しチューニング作業を施すと共にコンテンツの充実にも頑張ったつもり。
従来からソコソコの出来栄えだったと自負していた「」「宿」情報に比べ「リンク集・LINK集・・」サイト内の「飲食」情報は形だけに近い状態から、今回の一連の構築作業で一気に挽回!ただ此方は、あくまでもローカル(京都・亀岡市)限定仕様ですが・・
次のキーワード群では”上位表示“(上位表示そのものが意味するのも見方によって千差万別でしょうが、此処では上位3ページ程度以内にリストアップされる事~1P当たり10点表示 即ち30位以内)
表示順位の決定自体は恐らく、Google 検索エンジン が成せる結果でしょうから表示順位の保証は勿論無くてスグに表示範囲外に消え失せるか知れません・・あくまでも先程の現象ですので悪しからず!

富士登山 負傷
サイト集LINK
LINK集サイト
エコ旅リンク集
旅 宿 食 サイト
京都府住宅リフォームPR
大阪京都ソフト制作
大阪府ソフト開発
京都府サイト構築運営
亀岡市レストランMENU
亀岡市寿司PR
飲食ページ集
食サイト集
旅の味自慢料理店
旅の気になるレストラン
味自慢のレストラン料理
気になる料理店の味
気になるレストラン料理
京都嵐山アルバム集
旅写真アルバム集
懐かしき写真集
富士登山 出来事
エコ旅 道の駅
ECO旅 SA
サイクリングECO旅
エコ旅サイト
エコ旅net
一人旅ネット
京都旅サイト集
旅の宿で飲食
旅の宿サイト
思い出サイト
思い出旅net


尚、多くの当SOHO運営のページ群があって、殆どのページタイトルには屋号は含まれない状態で表示されています。 検索結果に表示される場合も検索条件に近い内容あるページが適宜選ばれているようです。
従い、作成・運営する小生本人には一目瞭然も検索された方に当SOHOのページであると認識してもらうには、URL表記部分に次の独自ドメイン名が含まれていたら当ソフト工務店エネシスポートの運営

enesysport.jpエネシスポート運営WEBサイト集

(屋号エネシスポート)で運営するサイトの多くのドメイン
enesysport.jp で必要に応じ区分の為サブドメインとして
soft
yane-kabe などを前後に付して URLとして有ります。
Twitter, Youtube, Facebook 以外ドメイン名全て.jp 付与!
即ち日本向け日本国内で管理されているドメイン名だと認識してます

最近は、別途Twitterに投稿したツイート(つぶやき)にハッシュタグ付けしたのが結構、グーグル検索結果にリストアップされるようになりました

この場合のリンク先は一度、当方でツイートした”つぶやき”にアクセスして更にTwitterのツイート内のLINKを経由して改めて対象の我がブログ記事へ向かうことになります

 

複数の自運営ブログサイトが有ります。オリジナル・ドメイン下で運営中の次の5サイトを主に更新、今回は各ブログの左右の欄に「気になる飲食店・・」コーナー構成ページLINK部分を設置

複数の自運営ブログサイトが有ります。 オリジナル・ドメイン下で運営中の次の5サイトを主に更新しています。

ブログ (BLOG) ~ (独自ドメイン) ~
店長ブログ メイン・ブログ (店主ブログ)
http://enesysport.jp/wp/
●サイト情報・News-ブログ サイト情報・ご紹介-ブログ
http://sites-info.enesysport.jp/
Field Work blog-ブログ フィールドワーク-ブログ
http://blog.enesysport.jp/
●手繰り寄せ徒然写真-ブログ 旅の備忘録・写真-ブログ
http://album.enesysport.jp/
●リンク集・LINK集-ブログ 旅・宿・飲食・衣・住・ECO~[sitemap]サイトマップ集
http://link.enesysport.jp/

店長ブログ と Field Work blog-ブログ が二大BLOGではないでしょうか


先程の時点にて、上記の5つのブログの左右それぞれの欄に同一のリンクコーナーを・・・整備しました

左欄には・・・

満足おすすめ=料理店=納得
中華料理 広東
お食事処としぶん
大衆食堂さか井食堂
レストランアガピー
レストランしん愛
中華料理餃子の王将
中華料理東香園
ハンバーグステーキ宮
喫茶・軽食クニッテル
寿司料理八百捨
当SOHO(亀岡市)近い飲食店

右欄には・・・

ここに表示させると、かなり乱れて表示だれますネ
左欄・右欄の生(なま)の表示を御覧ください・・・失礼致します。

 

「PR」を意識しつつコンテンツ作成を行って来た効果も有ったのでしょう!でも”PR”は手法で有って検索する側で「宣伝広告用語の”PR”を使っているコンテンツを検索してみたい」と考えるのでしょうか?

今、結構・・気になっているのは自運営サイトの”飲食“店を紹介する企画です。 ここ数ヶ月間、注力して来た・・チョッと気になるPRコーナーで御座います。 これがウレている? 手前味噌になりますが、元々想定し所望していた検索キーワードのNET検索結果に今では堂々と出て来たり・・「リンク集・LINK集・・」サイト自体は以前から認知されていたような・・あれっ、夢だったんだろうか? 違いますね。
ワレオモウ・・ユエニ、ユメではナイ~~次第
当該サイト内では住宅リフォーム・旅・宿・ソフト開発と・・ウェブサイト構築運営作業のウェイトを徐々に移して今に至っています
限られたパワーを集中的に配分しての一連のサイト構築作業ですので結構上手い具合に推移して来たのかも知れません
比重の掛け方を各分野で平等にしていたら前の作業を思い出しての継続作業は、そんなにスムーズには進まなかった筈。
尤も、それより前のジャンル構築に或るレベルまでの達成感が有っての事ですが集中的に精一杯の構築作業ですので、比例して作業中の関連サイト・ページのヒット数は相当になります。 一旦、離れると激減! その結構ヒットしている分野が現時点では飲食店・料理店を紹介するPRコーナーです。
構成する多くの飲食情報関連ページの何れかのページが検索に用いられたキーワードの条件設定に応じて適宜、検索エンジン様に拾われ表示されている様子です。 恐らく殆どはグーグルの検索エンジンによるものでしょう!別に検索結果のリストに反映されても屋号は殆ど表示されない為に、一般の方にはイマイチかも・・
小生の場合、目指している姿・有り様が編集・投稿作業で叶えられるか随時ネット検索したりネットサーフィンしたり重ねております。
その点では、2~3週間に一度や2~3ヶ月ごとの更新で済ませているサイトさんとは差が有って当然かと・・そうで無いと、やってられません!

先程、手前味噌・・云々と書きましたが”味噌“なる単語では先日、次のような小さな発見?気付いた次第・・次の記事を参照下さい

(ミニ考察)ラーメンに目が行き好きな味噌ラーメンの修飾的な存在だった「味噌」のキーワード効果に関して・・知らずして準主役級のキーワードに成長!余談を織り交ぜて(コンテンツ量確保の為)PR

大量のコンテンツをアップロードしていますので、知らず、気付かぬうちに思いがけずの好結果・副産物が現れたりも・・・


先程(毎度の事ながら、その瞬間に限っての現象・事象なのかも知れませんが・・)、PR寿司でネット検索したらソコソコの結果表示ページに関連ページ群の一つが有りました

亀岡市、SOHO近くの会席料理+仕出し弁当の他に「にぎり寿司料理」もメインとする「八百捨」さんで食事・・・その「やおすて」さんのPRを如何なる形で進めようか・・・一計を案じました

既に亀岡市内の回転寿司店の立地場所と外観だけの案内ページを設けたばかりで貧弱なページでした。 何故なら未だ店内の様子は窺い知れず寿司料理の写真の1枚も無い状況なんです。

寿司を目当てに検索される方は、少なくとも回転寿司も検討されるのでは・・特別に余裕有れば別世界の話

だからと言って回転寿司ばかりでは・・・

既に潜在的なパワーを持つ”回転寿司“単語力?を有効活用?

「八百捨」さんについては他の料理店とは異なり、個別のPRページを設けず回転寿司店群と併載・同居?させることに・・・果たしてヒットが期待出来ることになり、検索結果の表示タイトル内に「八百捨」の店名が含まれて表示されるように先頭近くに・・・
併せて多くのページに目立つようにとLINKもはりました

更には・・

拡大すると、こんな感じのLINKを設けました

亀岡市内、国道9号線沿いに並び立つ回転寿司チェーン店回転寿司
八百捨


因みに先程の検索キーワードPR寿司にて検索結果の数ページ以内に現れた点にはビックリもしたし、反面ソコに向けて思案・考察を巡らせての結果に納得したり・・・

ところで従来も何度と無く、どうなんだろう?如何に?など気にしつつ解釈に納得いくところまでは至っておりません

それはPRの単語・用語・キーワードの存在です!

宣伝・広告用語でしょうネ。 ソコまでとの思いも有って”PR”を直接多用することは控えていた時期も長かったのですが、独自ドメインを入手して以降、ウェブサイト利用・運営上の従来からの制約は殆ど無くなり、レンタルサーバー側の運営にも何ら不都合は無く、極めて順調にサイト群を構築しコンテンツも増やして来ました

ただの趣味の範囲に留まらず活用出来そう・・営業にも・・

そこで「PR」を意識しつつコンテンツの作成を行って来た効果も有ったのでしょう・・・その結果が先程の「PR寿司」の結果では?

でも”PR“は手法で有って、検索する側で「宣伝広告用語の”PR”を使っているコンテンツを検索してみたい」と考えるのだろうか?

例えばA商品を買い求めたい・知りたいと思って、「A商品を・・PR・・」等と積極的に検索するのだろうか?

正直、今もって解釈に?クエスチョンマークが付いたままなんです

でも「寿司」に関する情報入手に「PR」と組み合わせた先程のヒット対象は膨大な件数です・・・ただ“PR”も”寿司”もビッグな単語ゆえ絞り切れずに膨大なヒット件数になっているのだろうか?

確かに運営している多くのサイト群やページ群、コンテンツ群の応援・・自サイト群内からも多くのLINKを受けているし時間・コストを掛けてチューニング作業を繰り返して来ているのでソコソコには・・・

ちょっと待った! 傍らからクレームらしきお声が掛かり申した。

別に「PR」抜きのキーワード検索でもソコソコ行ってま~す!と

あっ、そうだ! ”PR”だけに”おんぶにだっこ”では無いハズ

益々、分からなく解釈に苦しむことに・・・用語「PR」は得体の知れない魔物なのでしょうか・・・


又もや長文となりにけり・・・関連して別記事にして続けます

 

長い目で見てライフワーク、ライフスタイルにと環境進化も想定してシミュレーションの自作及び営業社員としイマイチだった営業力をカバーせんが為、所謂CMに代わるPR 手段をWEBサイトにかけようと

人一倍、頑張ってい企画・構築・運営しているジャンル・コーナーは幾つかありますネ。 情報発信を取り巻く環境も一昔前とは様変わり・・紙媒体~電波媒体~ネット媒体へと至り、無くなる気配は無いものの選択肢が増えて来ました

ことインターネットによる情報発信に関しては、今後も益々進化して行くでしょう・・その伝達方法は、より速く、より柔軟に・・ターゲットの市場の認知度も高まって行きますネ

自身が加齢を重ねて高+α年齢で有ること、その他諸事情により置かれたベースを自己評価し信じて、生き延びるしか無さそう

長い目で見てライフワーク、ライフスタイルに適すと今後の環境適応の進化も想定したら今、シミュレーション・ソフトの自作及び過去に仕事にしていた営業社員としてのイマイチだった営業力をカバーせんが為、所謂CMに代わるPR 手段をWEBサイトにかけよう・・・

多くの運営ウェブサイト群の中でも代表的な存在で有る次のサイト

メインホームページのTOPページの右上辺りに小さく表示された「更新履歴」ページの最下部(時系列では初期)に次の様な記載の項目が・・・

2013/08/07 当ホームページを公開しました

そうなんだ! 先のオリンピックで超ビッグワードに躍り出たのを拝借
カーリング選手の皆様・・・勝手に使うこと、どうかお許し下さいませ

当ブログの先輩格「店長ブログ」もホボ同時期ゆえ、やがて5年経過

次のような多くのWEBサイト群を展開することになりました


今、もっともオーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内なら

エネシスポート運営WEBサイト集エネシスポート運営WEBサイト集

その中から主だったウェブサイトをロゴマークでのLINKイメージ集なら

口コミで話題? !リンク集合!WEBサイト群=違う角度で=PRご紹介PR おすすめ!

幾つか重点的に展開しているWEBコンテンツの分野・テーマ・ジャンルが存在します

飲食店・料理店・食堂・食事処・飲食処などと称せられる所謂、飲食関連情報の提供です

現時点では当ブログも含めブログ・スタイルで運営中の内、オリジナルドメイン上で運営している主要なブログの右欄の某スペースにて関連するロゴマークを並べて・・クリックで一直線・・・各お店の個別紹介ページ にレッツゴー


これらロゴマークを付与したページ以外にも共通的なページ等、気になる飲食店紹介・PR関連が多いですね

尤も、今ではありとあらゆるサイトさんで・・・特に、飲食市場・旅行市場では情報が氾濫状態・・・本当に為になる利用価値のある、ユニークなサイト・ページも多いのは確か・・半面、機械的にキュレーション手法だったり故意に偽りの情報力で利用者側に押し込んだり・・・

圧倒的な大手の情報発信ある中、何故に今更?

でも何か感ずること有って進めて来たら、規模は微々たるもののローカル情報に限れば有効情報にもならんかなの印象を持つ状況に・・・

機械的に僅かな表面的な情報発信が多い中、少しでも利用者側で知りたい、知っていたらお店を利用し易い・・・

見方は色々と有りましょうが、某エリア内で一般的に検索に使うであろう検索キーワードでネット検索して見たら、意外とヒットして検索結果に!

自己満足かも知れませんが、より上位にリストアップされアクセスの際に見ていただける頻度は高まるでしょう

営業の世界は出会いが第一歩、対面営業力に難点有る小生にとって絞られたエリア内ではPR効果が、より高まるハズと勝手に判定しております・・乞うご期待! と言うより、期待していますよ!


先ほどは新たに レストラン アガピー さんの紹介ページ新設

亀岡市(京都府) 落着いた「アガピー」 店内風景
亀岡市(京都府) 落着いた「アガピー」 店内風景

 

大変な経験をして少しばかりノウハウアップ?マンザラでも無い?まぁ~自力で此処まで来たもんだ!Ubuntu18.04LTSのインストール作業で、関連知識も幾分ゲット

一瞬、耳を疑った

否、目を疑った次第

隔月発行となった、日経LINUXの2018年7月号

待ちに待ってました!

Windows 10 のWSL環境下で稼働するLINUXに関する記事が殆ど無かった・・・と言うのは大型バージョンアップで大幅なWSL機能の進化が有って実用的な機能に大幅な向上が・・・恐らくは関連記事でテンコ盛りかと・・・

でも、殆ど記事らしき内容は無かった

残念だと感じたが、続いて自分で新しくなったで有ろうWSLの利用にあたり期待通りに行かない点が目立った

自己責任でインストールしていたXWindow機能のバージョンアップに失敗
表面上は特別な変化は感じられなかった
チューニング中にebtable 云々とかのエラー発生で、アップデート・アップグレードさえもが上手く行かなくなった
もっとも、全体に自己責任なれど・・何とかチューニングをと思っても確たる情報が・・・英語表記ではチンプンカンプン

或いは雑誌の記事担当の方々も今回は見合そう・・・の感触だったんでしょうか?


さて付録の「Ubuntu 18.04LTSインストール マスターDVD」でインストール開始

起動して先頭部分のコメント・メッセージ?を追加など雑誌編集者?側で幾分は編集されたDVDみたい

ところが目を疑った・・・ある時点から先に進めない3~4回、いろいろ心当たり有って変えてインストールし直すも全く好転しない

実は、一昔前から何十回とLINUXのインストール作業を繰り返して来たが今回は全く違う・・・全く先に進めない

それはインストールの種類「その他?」を設定する2項目?のページ
「パーティションの選択・指定やマウントポイントの指定等」の設定ページ
設定を済ませて次の段階へ「次へ」?が表示されず戻れず・・・
進めず・・且つ、戻れず!
自分が可哀そうになった!
普通は、そんな状況に遭遇するケースは少ないかも知れないが、当方で手持ちのインストール先HDDは結構小まめにパーティションを切って有り、過去の悪しき遺産もあって細かなパーティションも使わないままで存在します

従い、パーティションテーブルの行数で見れば結構な行数表示に・・・
スクロール機能が何故か無い! 逆に当然に表示されるページ上部にある固定のタイトルコメント?表示領域がやけに極端に大きなスペースに・・・一見して不釣り合いな程に多くのスペースを占め、タイトルの字も巨大過ぎる。 別に本来は有ったであろうスクロール機能が有れば問題無かったでしょうが・・・日本語化の作業段階で、誤って外したと思われます。 従い当方の現時点でのパーティションテーブル風の表示ははみだしてしまう。

しかもスクロールが効かなくなってしまっているので、恐らくは有るで有ろう「進む」「戻る」が選べない

何度か失敗している内にまさか全世界の人が全く利用出来ないハズは無いと考えて、本の付録のDVDの試用を止めて本家?から英語版をダウンロードしてインストール・・・日本語・日本語キーボードなどの選択で、最大の障壁・・「進む」「戻る」のボタンも今回は表示されて難なく終了!

実はオリジナル版で成功する前にも、最初のガイダンスをEnglishi表記で無くてJapanese表記を選んだら付録DVDと同じ結果に!

はは~ん、この障壁はこの段階での日本語対応の作業中に発生したものではと妙に納得・・小さな?発見

更に、この最初のガイダンスをEnglishにせざるを得なかったHDDの細かいパーティションテーブルなんですが、全体には特別な問題は生じなかった・・・尤もオリジナルだし・・過去、数多くのLINUXインストール作業を同様なパーティションテーブルで行って来ています。
ただし使用段階になって大きな設定項目・・・確かなことは分からずも・・恐らくは、ここで日本語表示が目標なのかオリジナルの英語表示なのかが自動設定されて行くので有ったろうと推察

インストール後、暫くは日本語入力が出来ず四苦八苦・・・色々とネットから情報を得て勝手に解釈して却っておかしくしてしまったり・・・

従い本来は正常にインストール出来たで有ろう段階から更にインストールのし直しも体験しました・・・でもネ、いろいろ勉強になりましたよ、お陰様にて・・・感謝を申し上げた方が良いのやら・・・
だって以前から、大変な日本語化作業の恩恵を度々受けて来ている訳だし・・感謝してもし切れないハズ

LTS版が公開されて素早く日本語化しないと行けない大変な制約境遇での作業故大変でしたでしょう


初めは、雑誌編集側で特別なメッセージを付して有るので、そのせいで?と妙に納得した

どうも日本向けの作成時点で発生したのでは?・・いろいろ頭の体操に

 

 

既に目を通したLINUX関連の月刊誌・隔月刊誌にプログラミング言語の参考書[C,C++,Python]+bash他によるシェルスクリプトやエディタvimの活用に大いに役立つで有ろう参考書も

今回、購入した関連の参考図書の参加?で

 

ちょっと恥ずかしいけれどアルコール無しの歓迎会
にて記念撮影会でお披露目紹介を受けて


恥ずかしい!
もう本棚に戻ってもよろしいですか?

 

 

当SOHOでも、いよいよLINUX本格始動!長期サポート(LTS)版のUbuntuが稼働可能に。ならばシェルスクリプトの理解でスマートで効率的な運営+Vimを使いこなしたい進化したテキストエディタ

LINUXも一昔前はSlackwareやVine、Redhatなどいろいろ試してましたね
egrep, nawk, vi, sed, パイプ コマンド等を結構な時間とコストをついやして・・・

つい最近、長期サポート対象のUbuntuディストリビューションの
Ubuntu 18.04 LTS が発表になった機会に本気になった?

実は2~3年前から大々的に期待していたWindows10で本格的なLINUX環境が利用出来そうなイメージで待望すれど小生の実力ではGUIが必要になります。
結構、自己責任でGUI環境を構築しようと相当な試行錯誤を繰り返すもギブアップ、それに関連する統合開発環境のVisuaru Studio の構築も不可なれば今更、敢えて試行錯誤の継続は無理・無駄

願っても無い環境構築が無理ならUbuntuの新版の登場に併せて期待する先も実現可能で実用的な方へ・・舵をきる次第

血圧を安定させる為にも・・・・

その昔から、編集用にエディタは種々雑多、色んなアプリを利用して来ました・・・一時は、キーボード入力でのタッチタイピング習得目標云々と大々的に宣言?すれど・・・あまり大きな声では言えない状況です

大きな声で言えないので、此処で小さく書いておきますね

速さでは無いよ! 気にするだけで十分でしょう・・・と寛大なお心で・・・

先に、Atom をインストールしたが日本語入力は不可、情報をネットで探したら何でも、当初のインストールライブラリのバージョンでは未対応?とかでdebパッケージを本家本元?からダウンロードしてインストールとか

すれどチューニング中に他のアプリも英語表示に・・・でも、これも解決出来て日本語入力も可能に・・

高機能そう・・なれど今更、・・・だからと言ってエディタは絶対必要

多少の懸念は持ちながら、先ずはシェルスクリプトの解説書を求めて京都市内の大型書店へ Let’s go!  有った! 有った・・・

[改訂第3版]シェルスクリプト基本リファレンス
著者 :山森 丈範
発行所:株式会社技術評論社


 Software Design 2018年7月号
発行所:株式会社技術評論社


京都市内まで出かけて良かった。
もっと vi の進化版コマンド vim の解説書は以前から欲しかった!

一昔前には vi と正規表現それにシェルスクリプトの理解には多くの時間を割いた次第

改めての再スタートに当たり、格好の参考書だと本屋さんで感じて購入した次第・・・喫茶店にて、あらましザっと目を通しましたら、さすがと感じた良本では無いかと

参考までに、既にアップ済の紹介本を・・・・

新・明解C++入門 新・明解C++入門
 新・明解C++入門
著者 :柴田 望洋
発行所:SBクリエイティブ株式会社
先にC++言語の本を購入、先日は別著者のC++中級編購入。これは凄い!プログラミング教育界の大御所
確かに内容濃くレベル高し更に入門編も!ライフワークなら挑戦。統合開発環境も改めて!PR
 (参考ブログ記事)
やさしいC++ 第5版、新版・明解C++中級編、みんなのPython 第4版
(左)
やさしいC++ 第5版著者:高橋 麻奈
発行所:SBクリエイティブ株式会社
(中)
新版・明解C++中級編

著者:柴田 望洋
発行所:SBクリエイティブ株式会社
(右)
みんなのPython 第4版著者:柴田 淳
発行所:SBクリエイティブ株式会社

Linux+Windowsデュアルブートに挑戦し続け、ここ数年失敗の連続だった歴史?様相が変わる?起動用USBメモリと内臓HDDにファイルシステム分割、試行錯誤の繰り返し此の年で多少賢く?

昔からUNIXに魅かれて直接の仕事とは直接の関りは無くとも多くの関連図書を購入して来ました

Windows 8 の頃からかWindows OSのセキュリティ機能強化の一環からか、それまで比較的柔軟にデュアルブートが可能だったが悲しいかな独力・自力では何十回挑戦しても以前の様には行かなくなった

徐々にLINUX関連書籍も時々「日経LINUX」を購入するくらいに・・
因みに今では「日経LINUX」自体が隔月発行に・・そうなれば、なったで残念に思ったり・・・・

さて、またぞろと言うかWindowsにLINUXの機能が一部とは言え、そのまま走る?とかの信じがたい情報を目にするようになって俄然注目する

開発版から正式版へ・・・漁るよう特集号を・・・

前回には曲がりなりにもサポート対象外のGUI(XWindow風)を自己責任で導入して幾つかのアプリを動かせたもの

Windows環境にLinux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動
Windows環境にLinux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動

色々、試してみるとサポート対象外ながら大きなパッケージ群からなるで有ろうデスクトップ(軽量版とは言っても重厚長大の際たるもの)に手を出したら不要なパッケージがワンサカ・・・次のバージョンアップを待とう・・

今年春の大型バージョンアップ

期待は大で隔月発行になった日経LINUX7月号の発売が待ち遠しかった・・早速、購入

何故だか前にインストール出来ていたXWindow風のアプリのインストールに失敗! 小生には理解できない状況変化が有ったのか、お手上げ

大きなシステムを相手に手探りの対応では門前払い

折しもUbuntuの新版の登場! しかもLTS版の登場で絶好のタイミング

5年間の長期サポート版のUbuntu 18.04 LTS なれば、これに・・・

もう無理な抵抗・挑戦は止そう!
LINUXのブートローダーで選択するステップだけのブートOS切替は諦めて・・・切り替える際にOSの選択順位を変更し直すことに・・多少は面倒でも全体のコスパから見れば微々たるもの

内臓HDDにLINUX全体をインストーし、ブートローダーを組み込んだつもりも肝心の起動シーケンスに進まないので有れば意味なし

・・・・・

実は、以前にも試してみて一時は上手くいったハズの手順が、何故か時間の経過とともに機能しなくなった

PCの横のUSBソケットに挿すので左側のミニUSBで・・・小さいので耐揮発性に欠けるのだろうか? はたまた他の原因なのか? 何時しか・・

今回は、これを2重3重4重にした次第・・・当分は持たすぞ!

さて、何回も何十回も挑戦して駄目だダメだと突っぱねるお方には勉強させられた・・・先に成功した実績は有ったんだ!

従来、HDDにLinuxディストリビューションUbuntu全体をインストールしていたが、Linuxファイルシステムの /boot の部分だけを USBメモリのブート可能なパーティションに配置してGRUBによるぶーローダーを そのUSBのMBRにインストール
今回は /boot 以外の “/” 以下をHDDのパーティションに・・・・

今回は、起動用のUSBも複数本も用意したし一連の作業で或る程度の知識・ノウハウも持ちえた・・・起動用USBのコピー方法、ddコマンドの使い方、大きい容量の起動用USBから小さい容量に /boot 部分をコピー後の対処方法
Gparted, Disks, などのツールの使い方、マウント/アンマウントの操作、更にはデバイスの自動マウントのファイル設定など・・・一度は fsck コマンドでチェックをとのメッセージが現れ昔からお手上げの連続だった状況から運よく抜け出せたり・・・結構、経験値も上昇か?

血圧上昇と違い、こちらは大歓迎の事象・・・更に大きな山場も乗り越えられた故、血圧の方は低下する方向に推移したのでは? 多少の達成感から来る安堵感から・・・・苦有れば楽有り・・・

WindowsのWSL環境下でのLINUXとの統合環境にあまりにも過大な期待をし過ぎた

今に思う、元々CUIだし最低限のGUIも必要としても・・その匙加減が分からない・・それに現時点ではインストールにも失敗
期待のVisual Studio の利用はインストール段階でNG!

つい最近、LTS版のUbuntuの公開で、早速インストールした
Ubuntu 18.04 LTS

更に年に一回のバージョンアップ?の統合開発環境(IDE)である
Eclipse が今月中に公開では?
もう少し待てば、恐らくは・・より洗練され高機能な統合開発環境Eclipseも利用できるかも知れない

 

USBメモリさん達が悪いとは思わないが・・・上手く行かなかったは自分のせい?他にもいろいろ。今では或る目的に使用可能に。御免ネ、疑ったりして

これらのUSBメモリ、サイズも色々、容量もいろいろ

何度もパーティションの切り直し、ファイルタイプ、など変更しつつ

何度も失敗したり、いつの間にか・・使用不能になったり・・・

決め付ける事は出来ないが使い勝手からミニ・サイズがスッキリしていいかなとミニにしたら使えなくなったり・・

小さいので揮発性の面で総じて弱いのだろうか

大概はWindows用で増して。Windows10対応まで表記されて無いのも・・これもアリか

大概はセキュリティ(Windows環境下で)機能があってLINUXの各種のファイルタイプへの対応が不十分だからか・・・

多くはパーティション切り直してWindows とLINUX の共存するパーティション構成にしたりしましたが・・これも一因か

Windows側でセキュリティソフトを動かせてスキャンしたりしてますがコレも?

一番の原因は、アンタの勘違いによる強行操作ではないですか? う~ん・・・そう言われるとNOとは言い切れない

 

経験豊かな人から教えて貰える状況なら間違えずホンの1~2分で解決出来そうものを自力で解決するには何日も。時には折角の構築環境を一瞬にして壊しかねない。別の観点では幾分の知識習得?

導入・インストールした、Ubuntu 18.04 LTS
現時点では日本語入力に日本語表示は順調?

ここに至るまでは試行錯誤の連続でした

先ずは日本語の入力が出来ず・・・・

全ては独力・・・自力勝負・・・会社の先輩や同僚、友人に教わるで無し
特別なコンピュータ学校などに通う訳でなし・・・

経験豊かな人から教えて貰える状況なら間違えずに本の1~2分で解決出来そうものを自力で解決するには何日も・・・・時には折角の構築済環境を一瞬にして壊しかねない・・・別の観点では幾分の知識習得には?

昨日だった? 一旦は、やっとこさ日本語の入力も・表示も整っていたもののエディタAtom をインストールしたら、このアプリ日本語入力に切り替わらない!
別にインストールしても日頃、使用する訳では無いから放って置いてよさそうものをネット上で解決策を検索して見た

これだ! と感じて参考にして手順通り進めたら単純なコマンド入力で、やたら大量のステップに・・

さ~て・・従来日本語表示出来ていたアプリ群が全て英語表記に・・
勿論、日本語入力も・・・・又、ネット検索を・・・

何処かでロケール指定がEnglishに設定されてしまっている・・

ちょっとした設定変更でも 有り得ること。 今は順調そうに見えても何か環境・条件を変更する度に悪影響も・・・

やはり試行錯誤の連続なり・・・

然しながらCUIからGUIに・・・色んなアプリが動く訳だしイイ感じ

それにLINUXも最新のUbuntu 18.04LTS ・・ 長期サポート版なので今後ともチューニング作業を加えて使い勝手よくするのはイイこと

 

今は昔?期待外れに終わったWindows10のWSL環境下で勿論、自己責任なれどソコソコGUIを構築して実行・表示した画面とオリジナルなUbuntu18.04LTSの実行画面

Ubuntu 18.04 LTS

現在、Windows 10 とデュアルブート方式でインストールした
Ubuntu 18.04 LTS の実行画面
色んな難解な障壁から大幅に開放された気分・・・ある割り切りにて

下は、「ソフト開発」サイトに今では記念碑的に掲載されている何とか到達したWindowsのWSL環境下でのUbuntu実行画面を含むデスクトップ画面

でも、それ以降・・なかなか先に進まず・・・・・

Windows環境にLinux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動
Windows環境にLinux(Ubuntu)のGUIアプリを幾つか起動

そろそろターニングポイント到来か過度な期待先行したWindowsとLinuxの協調稼働の実現に小生の自力では無理あり。Ubuntu新版登場を機に割切り実利面の効果をソフト開発でPR大阪・京都

只今、この記事を Linux (Ubuntu 18.04) にて編集・投稿しています

長い年月、気になりながら個人的レベルの環境下・・パソコン環境・・ではなかなか安定した実用的なLINUX環境にはならず数知れず、試行錯誤・・一時断念するなど相当なコストと時間を費やして来ました

ここに至って漸くソコソコの利用状況に整備出来つつあり環境は一段のステップアップが出来たかと感じております

その昔、仕事現場の近くでUNIX環境下SONYのNEWSワークステーションを操る研究者の様子を見て何時かは・・・と

その後、UNIX  Workstation で、色々とコマンドやツールを覚えたりして関連する参考書も多数購入したり・・・

未だインターネットが一般的には、それほど普及はしておらずワークステーションにパーソナルコンピュータ(PC)を接続し自らイントラネット環境(サーバマシン+ローカル端末)を構築して体験したり・・・
夜通しの挑戦も・・・ソフト開発の仕事(汎用機が多かった)とは別に関わることが多かった

grep, awk, sed, vi, sh, ・・などのコマンド群のほかUNIXシステムそのものにも関心が持てて今よりはズッとUNIX・LINUXに明るかったと思う

UNIX/LINUXに直接に関わる仕事は少なかったものの、その洗練された感じのUNIX 系OSに魅せられ・・それ以降、何かにつけ性能・容量制約の厳しい中、数多いLINUX環境の構築に挑戦

Windows8 以降からかデュアルブートが難しくなり難しいながらも何度も試行錯誤を続けるも、ことごとく跳ね返されてHDD内部にインストールしてのLINUX環境構築が出来ず尻すぼみに・・・

Windows 10のバージョンアップに合わせるかのように開発版や正式版と・・LINUX環境も進化するかに見えて、ここ最近、更にはこ2〜3年に限っても再挑戦・・否、再々々々々々に及ぶチャレンジを・・・結局は思う気持ちは強くとも辿り着くレベルは興味本位・勉強本位・希望を持ち続けていくだけに終わっていました・・・環境の好転はあっても元々制約多い中、自力での円滑使用の壁を乗り越えることは甚だ難解だと痛感することに

思うこと、体験して来たことは数々有れど複雑に絡み合い又、記憶力の無さから時系列もアヤフヤ・・なれど相当な時間とコストをかけ続けて来れた魅力・・いやはや色んな面で思い入れが・・・
いづれは時系列に添えずとも綴って行きたい

Windowsでは何の不自由も感じずに現にWEBサイト群、ブログだけでも当ブログ以外にも多くのサイト群を運営・・・投稿済み記事数も一般的なブログ運営者の中では多い方でしょう
ブログ群の中では姉妹ブログサイトの「店長ブログ」の投稿数は2000件以上にも・・・ページ当たりの文字数も結構多いのではと。

ホームページ群も多く運営していまして、そのコンテンツ間でのお互いのリンクにも気を使っているせいか、自身で元々想定してサイト構築始めたキーワード群でのネット検索では上位表示に食い込んだりしています。

ここ数ヶ月は当地、亀岡市で日頃の食事の際にPRして見たいと気になるほどのコスパの良さ・感じの良い心地よい飲食店の紹介コーナーの充実に専念していました

一時は住宅リフォームに専念、旅・宿関連情報に注力、そしてソフト開発関連情報サイトに没頭していてマンネリ化してしまった感も有りました

更には主なテーマのリンク集・LINK集関連情報サイトで貧弱だった飲食情報のリンクを地域限定ながら食事を通して具体的な情報をふんだんに思うままに紹介するページ群を・・・一般的な飲食紹介サイト・口コミ・食べログ等とは一味違う紹介コーナーに作り上げました

結構、ヒットして検索結果に出てきているみたい
ごくローカル情報とは言え、一旦ページを開いて見ると超メジャーな飲食店紹介サイトの紹介情報とは一味違うことになるのではと自負しております

私も、そうでしたが例え目にはしていても当然のことながら入店して食事をするまでは雰囲気や料理の味加減なども分からず二の足を・・・

お近くの方には食事する前に幾らかでもお店のことが分かっていただけるのでは?
また勝手にPR掲載店にとってはソコソコ検索結果の上位にリストアップされ大手の紹介サイトとは違うレベルでのPR紹介で検索される方々に知っていただけるのではないかと・・・・

長くなりましたが・・・今後は、以前に注力してWEBサイト構築していた「ソフト開発」サイトにも今一度・・・

直近でLINUXの利用環境に大きな目途が立ち、何か幾分将来に期待が持てそうな気配

目指しながら届かず断念・中止などもいろいろと有りますが、LINUXを何とかモノにしてライフワークに活かそうとの思いは途切れず・・・

現にLINUX環境下で、ブログ記事を書けている次第

追々、色々と思いや体験・経験を綴って行きたいと考えております

一時はWindows10環境下で利用可能になったWSL環境のLINUX環境にWindowsの大型バージョンアップの度に期待は膨らんで行ったものの小生の理解力ではスムーズな利用は難しいと判断しました

一旦、距離を置いて多少の面倒な操作は必要になっても余計な期待、余計な冒険や挑戦、余計な障害を極力さけてオーソドックス?な利用方法による実利を得る方針で・・・

どうしても必要なら、お互いの利用環境をネットを介して連携した方がベターだと・・・方針転換することに!

従来のコンテンツではWindowsのWSLを介してのLINUX利用に大きな期待をしての内容を多く綴って来ましたが、目標の大部分で有ったLINUXの実用化の面では一段と前進出来るターニングポイントになろう


Visual Studio の利用が制限され利用することが難しくなった・・・
Eclipse の利用へ

期待しすぎたWindows10のWSL利用の過度な期待から解放
単独でのLINUX環境へ・・・逆にフルなLINUX環境下での利用が可能に

出来るだけ少ないステップでLINUX稼働へ・・から
利用全体から見れば取るに足らないステップ・時間ではないかと判断

Long Term Support (LTS) 版、Ubuntu 18.04 LTS が登場したばかり
タイミング的にはベストでは?

幾つかの分野向けのWEBサイト構築・運営の面でもひとまず一段落
ある程度の満足感を持てるWEB資産となり今後、営業面での効果が・・

周辺の準備的要素にも目途が・・これら側面からのサポートを期待しつつ住宅リフォーム、システム・ソフト開発業務に注力して行くことに


 

大阪府ソフトPR,大阪府システムPR,大阪府開発PR,大阪府PRソフト,大阪府PRシステム,大阪府PR開発,大阪ソフトPR,大阪システムPR,大阪開発PR,大阪PRソフト,大阪PRシステム,大阪PR開発のキーワード

先に当ブログにて投稿した記事に次が有ります

京都府住宅PR,京都府リフォームPR,京都府工務店PR,京都府PR住宅,京都府PRリフォーム,京都府PR工務店,京都住宅PR,京都リフォームPR,京都工務店PR,京都PR住宅,京都PRリフォーム,京都PR工務店

京都または京都府 住宅 リフォーム PR

からの3語による組合せのキーワードの例示でした
最近はPRもキーワード用語に多用していますが京都/京都府・住宅・リフォームはサイト群スタート時からベースになって来た用語なんです
従いコンテンツとの適合性は高いと考えておりますし、検索エンジンでヒットする割合も大きいと見えて表示位置も結構若い順位に来るケースも

試しに 京都不動産PR 京都PR不動産
京都府不動産PR 京都府PR不動産

に関しては、住宅の追加指定が必要!!


ここでは大阪/大阪府でソフトウェア開発(システム/ソフト)のケースで・・
3~語の組合せキーワードにて

大阪府ソフトPR
大阪府システムPR
大阪府ソフト開発PR
試しに・・
大阪府不動産ソフトPR
大阪府不動産システムPR

大阪府PRソフト
大阪府PRシステム
大阪府PRソフト開発
試しに・・
大阪府PR不動産ソフト
大阪府PR不動産システム

大阪ソフトPR
大阪システムPR
大阪システム開発PR
試しに・・
大阪不動産ソフトPR
大阪不動産システムPR

大阪PRソフト
大阪PRシステム
大阪PRシステム開発
試しに・・
大阪PR不動産ソフト
大阪PR不動産システム


検索結果の50番(5ページ)以内にヒットしてくれないでしょうか?

今、もっともオーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内なら

エネシスポート運営WEBサイト集エネシスポート運営WEBサイト集

その中から主だったウェブサイトをロゴマークでのLINKイメージ集なら

口コミで話題? !リンク集合!WEBサイト群=違う角度で=PRご紹介PR おすすめ!

住宅リフォーム+ソフト/システム開発in京都/大阪[ソフト工務店]エネシスポートが運営する主要WEBサイトのURLは独自ドメイン”enesysport.jp”を含む!SNS以外全サイトで屋号”enesysport”と”.jp”が

業務スタイル[ソフトハウス+工務店]採用のSOHO(京都府)です

ソフト工務店エネシスポート で運営するサイトグループ内で
今 注目!のページ一覧    ページはこちら ・・・

インターネット普及の黎明期から長い年月、途中ブランクも含み細々とホームページ・ブログの運営をして来ました
時代背景・予算計上面から来るサイト運営上の制約も有ってか見ようによっては興味本位の側面も有ったかも・・

時代は変わり進化、今になって可能になった手段も幾つか登場!
実現性には漠然とした期待で進めて来たウェブサイトグループも遂に実務面でも営業サポー可能なト基盤に育って来ています

ソフト工務店エネシスポート存在名前を知ってもらうには年中無休24H稼働無報酬?での格好のPR助っ人

幾つかのジャンル・分野にて、このようなキーワードでネット検索された場合にヒットして検索結果のソコソコの位置にて表示されて欲しいと・・
勿論、直接的にはネットPRの特性からメジャーな検索エンジンにて判定される表示位置を上昇させる事・・出来たら一般的に言われている上位表示を獲得せんと・・

住宅リフォームに始まり、屋根外壁に特化したサイト、旅の備忘録、旅・観光・温泉と宿、旅・宿・飲食LINK集、ソフトウェア開発・・・と分野は次第に広がって来た次第。

幸いにも各ジャンルのWEBサイト認知度も高まり、各々の分野で当初から想定し希望の強かった単語の2~4の組合せによる複合キーワードNET検索して見る・・と、意外とビックリする程の検索ヒット数の中で健闘して時には上位表示も・・
“まさかまさか”の夢が正夢に・・現実になったりで不思議な感じにも

今後は気長に・・更にコンテンツの充実、サイトのブラッシュアップ・チューニング作業に頑張って行く所存です

零細企業が運営するウェブサイト群としては結構、目立つサイト・ページ群に成長しているのは正直嬉しいものの、悲しいかな!ネット検索結果のリストにはリスト表示された数行を一見しただけでは”当SOHOが某商品などをPRして販売?“などと錯覚して見間違うような印象のものが結構見受けられます・・巷で見聞きするネットの世界の危うい点なのかも?

それに加えて、当方の各ページのタイトルに屋号[エネシスポート]を見易い位置に配するケースが少ない・・タイトルにはページ内容の概略・紹介文を主体にして検索エンジンにヒットすることを優先しているせいも・・ページ内コンテンツにも屋号の存在比率は小さい
従い、いざ検索結果の上位近くにヒットしても当ソフト工務店エネシスポートのページである事の認知が・・当担当者は当然ながら一目瞭然も、一般に検索結果をチェックされている方々には・・

==== お時間が有って検索結果リストをチェックされる場合のヒント

■検索結果に表示されているリンク・タイトル~当方サイト群のページに商品名品種名など販売品の表現は通常使っていません!
■当方のサイト・ページではネット検索結果の数行に当SOHOの電話番号・住所などが敢えて表示されることは先ず有りません・・当サイト内(ホームページ・ブログ・SNS等)では企業情報を公開はしていますが、その企業情報部分が検索エンジンに抜粋される様な作りにはなって無い筈・・他の部分から適度・適切な抜粋で表示されています
■当SOHOで運営しているサイト数は多いですが、所謂SNS(Twitter, Youtube, Facebook)以外の全運営サイトのURLには独自ドメインであるenesysport.jpが含まれています。
唯一、アフィリエイト・サイト(ファンブログ)
http://fanblogs.jp/enesysport/
だけは分離していますが・・グループサイトのURLアドレスには屋号のenesysport(ENESYSPORT)日本ドメインの .jp が含まれているんです
因みに意図的と思われる紛らわしき奇妙なサイト群のURLは外国で管理されている風なドメイン使用や、シンプルで無く長ったらしい?ヤヤコシそうなドメインだったり・・

ワザワザそんなチェックまでしてまで・・時間は無いでしょうが、念の為!

■検索結果リスト内のLINKをクリックしてページを閲覧した際に、WEBブラウザのタブウインドウページタイトルの先頭にファビコン画像 を表示!して当オリジナルドメイン下の当SOHO運営サイト・ページである旨のイメージ・アイコンとして目印設置しました

まさか、この部分まで更なる意図で見紛う作りで来るとは思いませんが・・・・
—– (考察)
当方で運営する多くの自サイト群のページでもヒットしたネット検索結果のアイテムの僅か数行の表示内にワザワザ当SOHOの企業情報(電話番号・住所など)自ページに表示されることは・・まず無い!
その部分が検索結果に表示され恰も当方サイトにて、検索結果に表示の消耗品やらの販売広告みたいと勘違いさせる感じのサイト・ページの存在。 狙っての抜粋表示目立たぬよう且つソコソコ目立つ様に操作できるテクニックを考えると常態的に業務としての便乗商法だったり意図的な嫌がらせだったり・・ハタマタ etc
========

この件については何度かコメントをアップしています。
決して好ましいコメントでは無いし出来たら避けたいものです。
運営し公開している自サイト・ページのイメージダウンになるのは目に見えていますから・・一時は無視し続けようかとも考えたりしましたが、しかし
あまりにも一方的な遣り方には・・と敢えて断行する次第です。

インターネットの世界、他でも同様なケースは見られるようです。 当方にて、この件の情報発信することで泣き寝入り状態で困っているサイトさん・・悩んでおられるサイトさんにとって・・幾らかでも参考になればと存じます

先程も一昔前にシステム開発・ソフト制作・プログラミング作成に関わる経験をしたこと有りと述べましたが、その頃に早々と人工知能言語に適した言語として Prolog, LISP が注目されていたような
従い、当時の Prolog や LISP の本を購入して目を通したことも有りました・・これらの言語は購入して2~3日位か本当に目を通すだけで・・

その頃の印象が強くブランクも長く人工知能(AI)が何時の間にか実用段階に突入? 自動運転車や金融取引・ロボット・教育 等々で・・・

ネット検索エンジンも人工知能採用?で相当に進化している様を目の当たりに実感していますが更に進化して意図的なり悪意をもってなりの紛らわしいページを選別除外出来るようになる時代が到来して欲しいものですね


今、もっともオーソドックスで網羅的な運営サイト群の御案内なら

エネシスポート運営WEBサイト集エネシスポート運営WEBサイト集

因みに、当[ソフト工務店]エネシスポート 独自ドメインenesysport.jp

CHECK 念の為、ご注意!自運営サイト集 (全部)
メジャーSNS以外enesysport.jpを含む

ファビコン画像 を新設!エネシスポート運営ページを見分け易く
タブ内に表示されるページタイトル先頭[左端]にファビコン画像を表示


尚、随時徐々に動きは有り得ますが現時点で特にヒットしていると思われるサイトグループ内ページをピックアップして取敢えず収録した下記ページ(当記事の上部でも紹介済み)を設けました

サイトグループ内、今注目!のページLINK集

何れにしても嫌らしい奇妙な見紛うサイトの存在で分かりにくいですが・・

当SOHOで運営する主要なサイトのURLには独自ドメインである「enesysport.jpが含まれています。


 

時は経ち・・あれから数十年・・ディジタルの世界も進化・・ブランク長けれど関心は大いに!京都府での住宅リフォーム起業~大阪府でのSOFT/SYSTEM開発、WEBサイトのPRサポート得てライフワーク

一昔前と言うのでしょうか? それは二昔前と言うべきでしょうか?
それとも一昔半前がより正解に近いのかな?
何れにしても数十年前のことになりますネ。 あの頃は一年経ったとか二年目に入ったとかで通用していた年月も、書いている今・・あれから数十年も過ぎてしまったんだ! 特別なことは無いが、あの時代からだけでも数十年も生きて来たんだ・・・せめて記念に、ここで記しておこう。

管理運用していたUNIXワークステーションhtttpdウェブサーバーを稼働させてデスクトップ・パソコンをローカル・クライアントにしたイントラネット環境を構築したことが有ります。
それを疑似的なインターネット環境に見立ててネット通信+ブラウザ閲覧を体験したのは一昔前になります。

UNIXコマンド習得にも熱が入り夜通しで頑張った頃で、ソコソコには当時のUNIXワールドにも馴染みが有りました。

もう相当年数経ちますしブランクで記憶や感覚が飛んで消えてしまったり、OSや周辺技術も機能・性能面でアップした筈

この度、敢えて住宅リフォーム業務に加えライフワークのもう一本の柱に当時の経験に以降の関心やキャッチアップの試みも有ってソフトウェア開発業務を・・改めて展開することに・・・

一昔前には多くの開発言語でのプログラミング経験はありました
事務部門向け、技術部門向け、制御部門向け・・と色々。
その為、あまりにも多くの組合せでの開発環境でしたので付け焼き刃的な側面も否めない対応での開発現場経験かも・・・
反面、機種・OS・言語に対する適応力・対応力は備わったかなと・・・
解決策を探し出し新規の言語での開発に時間は要しても対応して来たつもり・・・なれどプログラミング言語を深く理解して間違いなく・短時間で仕上げるには言語自体の習熟度をレベルアップする必要が有ろうかと。

あの頃!に多用していたC言語には結構理解していたつもりも遂に言語C++ に関わることなく長いブランクに・・至る

ここに来てソフトウェア開発業務への新規業務展開と言うことで習得言語の選択でC++言語を・・・

結果的に現時点で C++言語 関連本が3冊手許に・・・最初の本を参考にしている間は往時のC言語の幾らかの延長線上でイケルかと感じたものの上級編の本を手にして・・ C++ の奥深さを思い知らされた次第
モノは考え方次第か? 頂きが想定以上の高~いものなれば言語の持つ機能・自由度・市場・汎用性ほか応用力に優れている
すでに長年にわたり活躍?の言語で応用分野では未だに先頭を走っている。

要は小生が相当レベルまで理解して応用出来るかにかかっている?らしい 少々荷は思いが・・

やるしか・・・住宅リフォームの他に可能性ある仕事は見つからない!

かと言って、遊んで・食って・寝て・旅して・観劇してなんて余裕は全く無い・・・億単位の夢の宝くじ当選も宝くじを購入しないと当たらないらしいし・・・やはりライフワークに位置付けて地道にマイペースで行こうよ!


住宅リフォーム[屋根外壁など外装、水周りに内装、オール電化、太陽光発電、省エネ機器]ソフトウェア開発[システム開発、ソフト制作]関連の業務内容を京都府・大阪府SOHO(亀岡市)近郊にて・・


ミニ企業故の最少人員の理由から、それに思いを出来るだけ伝えてくれる役割担当をと当初から期待のWEBサイトでのPRが精一杯の応援をしてくれるとの事・・・営業支援・サポートは任せたゾ!微々たる額しか用意出来ないと思うが出世払いにしてくれ! 頼む・・頼んだぞ。
これぞ願ったりの”JINZAI“なり・・・期待は膨らむばかり・・・

ごく身近にいたもんだ・・・

工務店+ソフト⇒ソフト工務店
エネシスポート

京都・大阪

システム開発・ソフト制作の(ソフト工務店)エネシスポート2018年(平成30)~(徐々に)
システム開発・ソフト制作の受託開発

システム開発・ソフト制作の受託開発